人気ブログランキング |
<   2007年 11月 ( 17 )   > この月の画像一覧

2007年 11月 30日
Final 2007-c








e0097338_22123175.jpg













e0097338_22124323.jpg













e0097338_22125568.jpg













e0097338_2213887.jpg













e0097338_22132210.jpg













e0097338_22133542.jpg













e0097338_22135041.jpg













e0097338_2214954.jpg












アメリカで制作されたショーカーが日本に上陸して、更に日本でのオーナーは2代目(たぶん・・・)。




ここまでの過程を聞いた時点で、その車の不遇な運命を想像しますよね。  今までは・・・・




かなりの確率でボロボロにされているのが、日本での悪しき習慣。




何事にも例外は存在するようです。




今回更にMWのリアエンドにステンマフラー、キャブを新調してるようです。




恐ろしい程までに進化し続けていますね。




膨大な金を投入しているのはもちろんですが、それよりもこのようにショーカーらしく維持いている現在のオーナーの情熱は、並大抵のものではないように感じます。




トータルで演出された別次元のショーカー・・・




自分の車も・・・・・なんて事は思いませんが、色々な意味で夢を見させてくれる、そんな一台です。













e0097338_2247554.jpg













e0097338_2247254.jpg













e0097338_22474180.jpg













e0097338_22475642.jpg













e0097338_2248162.jpg







サウスサイド64




近くにいたエルグリーンゴとは対照的だったような・・・・













e0097338_22514535.jpg













e0097338_2252013.jpg













e0097338_22521281.jpg












この57の紫のおしり・・・・・




LT1全開ですね。


Keep rollin' . . . .


English Here


Please Visit 
My Private Life

e0097338_11364516.gif


by dms74caprice75 | 2007-11-30 22:57 | Event 2007
2007年 11月 29日
Final 2007-b





こんばんは。




どんなカスタムをしているか、どんなレアパーツを装着しているのか・・・・・・











という事には全く関心はありませんので、写真ではその辺りの事は分からないと思います。





雰囲気でも伝わればなぁと思います。












e0097338_21151128.jpg













e0097338_21152366.jpg













e0097338_21153523.jpg













e0097338_21154856.jpg













e0097338_2116176.jpg













e0097338_21161648.jpg













e0097338_21162861.jpg













e0097338_21164043.jpg













e0097338_21165649.jpg












e0097338_21171519.jpg













e0097338_21173110.jpg













e0097338_21174493.jpg













e0097338_2118278.jpg













e0097338_21182027.jpg













e0097338_21184431.jpg





アップする画像間違えた!?





いえいえ、あのエルカミです。





”和”テイストを究極なまで追い求めているようです。 個人的には大好きですね。





こちらのオーナーさんは一目で分かります(笑)。 いつも話しかけよう話しかけようと思っているのですが、恐らくピンポイントでツボにハマってしまいそうなのが怖くて、未だお話は聞けていません。


























あっいつもお世話になってます♪






































e0097338_21274829.jpg




Keep rollin' . . . .


English Here


Please Visit 
My Private Life

e0097338_11364516.gif


by dms74caprice75 | 2007-11-29 21:29 | Event 2007
2007年 11月 28日
Final 2007






結局搬入から帰ってきて、軽くblogを更新して時計を見たら2時過ぎ・・・・





少し横になろうと布団に入ったんですが、このまま寝たら絶対に起きれないと思い、なんとか4時半まで時間をやり過ごしていました。






ショップに5時に到着し、最後のエントリー車両の準備をして一路幕張へ再出発。












e0097338_138249.jpg












6時半には無事会場搬入口に到着。



e0097338_1413451.jpg













でもここで随分と待たされたなぁ。 結局運転手を残し、みんな残りの準備の為に会場入り。





さて、今回は台数も久しぶりに多くテンションも上々でした。






e0097338_143065.jpg












どこからいきましょうか。




まずは会場中心部を華やかに飾ったこちらから・・・












e0097338_1445011.jpg













e0097338_145493.jpg













e0097338_1452194.jpg













e0097338_1453616.jpg













e0097338_1455683.jpg












インドアでしか拝めない姿。  車両はもとより、ディスプレーにも溜息・・・・



夢を見させて頂きました。



意外な選曲のPOPSのBGMも、これまた最高にハマってました。 音量もちょうどよく、大抵はオバカさんがHIPHOPをガンガンに鳴らしているような近所迷惑なエントリー車両が相場ですが、こちらはさすがに音までもがディスプレーの一部のようでした。



音すらも全体のディスプレーの中の重要な一部分を占めていると感じました。














46台




この数をコントロールしてるのも凄いですよね。




OGの方は怒鳴り過ぎて、声をからしていましたが(笑)




e0097338_1583059.jpg













e0097338_221028.jpg













e0097338_222372.jpg













e0097338_223876.jpg













e0097338_225521.jpg













e0097338_23861.jpg













e0097338_232156.jpg













e0097338_233959.jpg













e0097338_24982.jpg













e0097338_242676.jpg













e0097338_244233.jpg













e0097338_245475.jpg













e0097338_25657.jpg




Keep rollin' . . . .


English Here


Please Visit 
My Private Life

e0097338_11364516.gif


by dms74caprice75 | 2007-11-28 02:07 | Event 2007
2007年 11月 27日
. . . . with all his might






久しぶりに徹夜でした。






気持ちはハイテンション・・・・体はジジイ・・・・・






見事に反比例する心と体。  











さて、お待たせしました。 





幕張ファイナルの模様を更新していきたいと思います。





先日、信念と愛情に支えられた車〜・・・という内容を書きました。





今日は手前ミソですが、そんな一台です。





まさに渾身のLowrider













e0097338_212365.jpg













e0097338_213899.jpg













e0097338_21521.jpg















e0097338_222015.jpg













e0097338_224389.jpg













e0097338_225757.jpg













e0097338_231824.jpg












『 何か手伝わせてください 』










自分はこの時をずっと待っていた。





整備、カスタム、ペイント・・・・・自分は他人様の車を触れるような技術は何一つ持ち合わせていない。





しかし、MATTさん入魂のラインが引き終わって、最終の仕上げ段階に入ったところで、そんな自分にもワイヤーを磨き上げる事くらいなら出来る。





細かい部分の掃除や大きな部品を支える事くらいなら出来る。





そう思い、遅くまで作業するオーナーに手伝いを願い出たのです。





山のようにある3Mの青い養生テープが貼られたステンレスのモールは、まだ何も取り付けられていない状態。





極上のクロームを纏ったグリルやベゼルも、発砲シートに包まれた状態。





ファイナルまで一週間・・・・





オーナー自らの手で超鏡面に磨き上げられたモールの養生テープを、恐る恐る剥がしてみる。











『 スゲェ〜・・・・ 』





まるで鏡のような映り込みで、自分のマヌケな表情までくっきりそのまま映ってる・・・・





こんなの触りたくない・・・・・・・それが率直な思い。





時間と情熱をかけて磨きあげてきたのは、ずっと側で見てきて知っている。





薄汚れた手で触ろうものなら、その小さな埃一つでスッと傷が付きそうな程、その肌は美しく輝いている。





これを自分が触ってもいいんだろうか・・・・・





そんな事を感じている自分に、オーナーは一言。





『 この車でやっておけば、自分のカプリスの時にも役に立つでしょ! 』





今の自分にこんな事が言えるだろうか・・・。





何も知らない、何も出来ない人間に大切なパーツの組み付けを任せられるだろうか。





自分がまだまだ子供だと思い知らされた瞬間だった。





それから数日間は、無我夢中だった。





『 ここはこの角度で入れてみた方が・・・ 』 なんて、いつの間にか偉そうに意見する始末・・・・。 





数日間の目的を共有した時間は、予定通り最終日のファイナル当日を迎えた。





午後からエンジン、プラークを時間をかけ湛然に磨いた。












e0097338_3131788.jpg













e0097338_3133477.jpg













e0097338_313491.jpg













e0097338_314399.jpg












自分にはトロフィーのタイトルは何でもよかった。





両手に抱えたトロフィーを誇らしげに、自分の元に歩いてくる彼の笑顔が見られたのだから。





搬出準備も整い、各々車に乗り込む時に彼は自分に言った。





『 オマエがいてくれなかったら、絶対にこの舞台に立てなかった。 』 





いつも彼の技術とアイディアに驚かされ、自分にとっては雲の上の存在だった人。





そう、自分では困難だったスウェーバーを磨いてくれた人。





そんな彼から言われたその一言に、自分は心からこみ上げてくる何かを堪えるのに必死だった。





何も無い自分・・・





でも、側にはこんなにも心のある人がいてくれる。





たかが車・・・





たかが遊び車・・・・





それは、本当の心(ハート)が入っていない車です。





気持ちが奇麗な人が創る車は、どこまでも美しいです。



Keep rollin' . . . .


English Here


Please Visit 
My Private Life

e0097338_11364516.gif


by dms74caprice75 | 2007-11-27 03:54 | Column
2007年 11月 25日
It's on










先ほど搬入から帰ってきました。






今日は昼過ぎからシコシコ♪ 






ずぅ〜とシコシコ・・・・。






濡れぬれになったところで、幕張に向かいました。






e0097338_133681.jpg











e0097338_143296.jpg










明日(といっても、今日ですが・・・・)は4時起きです。






今1時過ぎ・・・。  blogの更新なんかせずに、速攻でベットに入りたいのですが、もちろん更新してから寝るんでしょ!?と脅されているので(笑)・・・・・・






明日行けない人、又はとても楽しみにしている方、ちょとだけお見せします。






ちょっとだけね。







ちょっとだけ〜・・・・・






e0097338_154343.jpg













e0097338_162177.jpg













e0097338_17141.jpg

おぉ〜!! ご苦労様です。
来月2日もエントリー予定だそうです。

東京にいるオバカさんの為に、わざわざ部品も持ってきてくれてます。










e0097338_191810.jpg













e0097338_194054.jpg












こんなんでいいでしょうか?






もっと見せろ!?  






う〜ん・・・・・・また明日ね。












今回初お目見えがちらほら。 台数もエキシビジョン含めれば200台くらいにはなるのでははいでしょうか。






先月のBBQイベントとかと比べると台数こそ及ばないものの、やはりインドアでしか見られないような車両も少なくないと思います。






これから風呂入って2時・・・・






う〜ん・・・・どうしましょ・・・・・・




Keep rollin' . . . .


English Here


Please Visit 
My Private Life

e0097338_11364516.gif


by dms74caprice75 | 2007-11-25 01:29 | Event 2007
2007年 11月 24日
Presentiment








明後日ですね。













e0097338_25333.jpg











アンダークローム・・・



4P12B・・・・・



FULL OG・・・・・



ビレットパーツ満載に、度肝のカスタム・・・・・






どれも持ち合わせていなくても、時としてそれらを超える魅力を持つような車もあり得ると思います。










深く真っ直ぐな信念と、愛情に支えられた車がそれではないでしょうか。










オーナーと話さなければ分からない部分もあると思いますが、一目見た車からそれを感じたら・・・・・・・・









間違いなくその車のオーナーは変態ですね(笑)










今日の夜から搬入になります。


Keep rollin' . . . .


English Here


Please Visit 
My Private Life

e0097338_11364516.gif


by dms74caprice75 | 2007-11-24 02:18 | Column
2007年 11月 23日
Giving the last finish . . . . 2







AM4:00・・・・












e0097338_4223620.jpg












『そこ持ってて』



”ハイですぅ”



『これ締めといて』



”ハイですぅ”










えぇ、そんな感じです。




お手伝いさせて頂いている車のオーナーさんも連日この時間です。




要介護の高齢者のため、とても心配です。



Keep rollin' . . . .


English Here


Please Visit 
My Private Life

e0097338_11364516.gif


by dms74caprice75 | 2007-11-23 04:26 | Lowrider
2007年 11月 22日
Giving the last finish . . . .









いやぁ〜・・・帰ってきたらこんな時間です・・・・。


















e0097338_3323897.jpg












現在は自分の車どころではありません。











幕張で凄い人の凄い車がデビューします。











そんな車の仕上げのお手伝い・・・・・











”手伝わせてください”・・・・・・と思わせる人の存在はとても大きいです。











おやすみなさい。
  


Keep rollin' . . . .


English Here


Please Visit 
My Private Life

e0097338_11364516.gif


by dms74caprice75 | 2007-11-22 03:37 | Lowrider
2007年 11月 21日
All day I dream about . . . . 3







今日も引き続き・・・・・







e0097338_0325797.jpg








さて、昨日の文章は普段から漠然と考えていた”ローライダーとペイント”という事に関して少々の理屈を交えながらコラム形式で書きました。 









直感的に確信を突くような表現は避けたつもりでしたが、おそらくこれを読んでくれた方には、何を言わんとしているのかは理解して頂けたと思います。









エナメルにススを混入させる事により乾燥時間の大幅な短縮に成功し、自動車の大量生産が可能になってから早一世紀。 冒頭に、自動車の塗装は単なる効率化の大量生産の技術に過ぎないと書きましたが、この乱暴は言い回しは一般的な見識からはそんなに逸れてはいないと思います。










しかし、そこに一つの芸術性や自己表現、又は自信のレストアの完成セレモニーとしての位置づけをしている人が少なからず存在している事でしょう。 ローライダーももちろん、その中の一員ではないでしょうか。
いや、ローライダーは間違いなくそう思っているはずです。










そう、LOWRIDERってまさに芸術だと思いません?










現在の日本で、多くは単なる大量生産の工業製品に過ぎないと考えられていますが、本当にそうでしょうか。 









単なる移動手段であり、単なる遊び道具・・・・・・
現在の若い世代は恐ろしい程にこのように自動車を捉えていますが、自分にはどうしてもそのようには感じる事は出来ません。









今回も色決めを行ったに過ぎません。  しかし・・・・










スケベMATT氏に塗料を調合してもらいながら、イメージしている色に近づけて行き、お互いの感性をぶつけ合いながら唯一の色を決めて行く。
そしてそれをサンプルに塗装する。









この時の感情は巧く言葉では表現出来ないものがありました。









めっきが完了して手元に届いた時の感情・・・・









なかなか見つけられなかったパーツを発見した時の感情・・・・









ゴチャゴチャ言ってますが、一台の車と正直にそして真剣に向き合えばかけがえの無い”芸術”を手にする事が出来ると思います。








現在スケベMATT氏の工場において、ファイナルに向けて急ピッチで一台、また一台と仕上げられていく様子を眺めながら、自分の車もいずれこのようになっていくのかと考えると、震えが止まらない思いです。


























う〜ん・・・・なんか堅いね・・・・・



最近おじさんとばかり戯れていて、交尾してないから狂ってきたね。



・・・・・











おやすみ〜@






Keep rollin' . . . .


English Here


Please Visit 
My Private Life

e0097338_11364516.gif


by dms74caprice75 | 2007-11-21 01:37 | Situation
2007年 11月 19日
All day I dream about . . . . 2








e0097338_2121684.jpg













そもそも、車への塗装とは如何なる理由で施されているのか・・・・・








単なる錆び止めであれば、他に如何様にでも方法はある。








めっきにスパッタリング、ホーローに窒化、熱処理による酸化皮膜法・・・・








T型フォードの時代から脈々と進化を重ねながら、それでも今なお車の外装には必ず塗装が施されている(極一部を除き)。








これは単に出来るだけコストを削減して尚、大量に均一に表面を覆える事に適している技術が塗装という事に過ぎないだけの事なのである。








ローライダーに興味を持ち始め、自信で一台のローライダーを所有したとする。








最初に何からやりますか?








内装の掃除に三つ又配線の除去、オイル交換にバッテリー、水周りにキャブレター調整、ハイドロ整備に外装の磨き・・・・。








私自信はメカにも強くないし、自信で手を汚せる範囲なんて整備の観点から見れば、全体のほんの1%に届くかどうかの事しか出来ない。









周囲にはエンジンの整備を完全に自身で行う強者もいる。 しかしながら、自動車整備に精通しているプライベーターはそんなに珍しい存在ではないように感じる。 もちろんそれはそれで凄い事だ。 自分には到底真似の出来る事ではない。








ローライダーは、車社会の中でも特殊で特異な存在であり、それに魅せられた人間は必ず車の構造をあれこれ理解しようと、インチ径の工具を買いに工具屋に行き、エンジンやハイドロの整備に膨大な時間と情熱を傾ける。









そして車種によっては半世紀以上前に生まれた車を自信の手で蘇らせ、異国の地ここ日本で走らせる事に孤高の喜びを感じていることであろう。









理想のローライダーライフ・・・・・・









自らの手で蘇らせたローライダーと自分。  こんな幸せな事はなかろう・・・








今までノックオフを外した事しかない・・・・・・下に潜るのが怖いからオイル交換は自分ではやった事ない・・・・・・そのかわり洗車には人一倍時間と情熱をかけています。









それはそれで素晴らしい事だと思う。









自分のローライダーなんだから、何か一つでも自信の手で行う。 それぞれ温度差はあっても、そのやってみよう精神の継続が何よりも大切な事。









「外装ペイントも自信でやるんですか!?」









メカやローライダーに精通したベテラーノに、決まってこの質問をぶつける。









電気は強いがメカには弱い、メカには強いが溶接が出来ない・・・・・それぞれ得手不得手がり、プライベーターは限られた時間の中で切磋琢磨し、少しでも不得手な部分を補おうと勉強に勤しむ。
しかし、そこで帰ってくる答えは一つ・・・・・・・










「ペイントだけは・・・・・・」









不思議なくらいにこの答えしか帰ってこない。 聞いてはいけないことを聞いてしまったかのように感じる程、皆一様に貝のように口を閉ざす。

何故か・・・・・









思うに、”出来ない”のではなく”やらない”のではないだろうか。 勉強熱心で静かに、しかしアツくローライダーと触れ合っている人ほど明確に、ペイントはプロに委ねるという。









エンジンの脱着や溶接、車のレストアにはかなり特殊な技術を必要としているが、それらを自らの手で行えるプライベーターは、やろうと思えばガンも握れるはずである。










しかしやらない。









これは、ペイントにはそれなりの設備云々・・・・なんていうくだらない理由からでなはく、ペイントにはプロに託すべき理由がそこに間違いなく存在しているからである。









自信で整備し、自信でカスタムを重ねた車を、最後にプロのペインターにバトンタッチするその理由とはおそらく、経験、知識、技術だけでは到底プロのレベルには及ばないという事を、客観的に見据えられているからだと思う。

塗装ブースレンタルも出来る時代・・・・やろうと思えば何でも出来る、でもペイントだけはやらない。









ローライダーに関しては特に、ペイントの重要性をあえてここで言うまでもないと思う。









そんな訳で、自信ももちろん色の調整から全てプロに委ねる。 









使いたい色はおおよそ自信の頭の中でイメージは出来ている。 しかし・・・・ 










”あの色はアイツの車だ”










そういう色を作れるのも、そしてそれを身にまとわせる事が出来るのもやはり、ペインターだけではないだろうか。











e0097338_22471455.jpg













e0097338_23152749.jpg













e0097338_22474729.jpg












e0097338_224864.jpg












e0097338_22481787.jpg



Keep rollin' . . . .


English Here


Please Visit 
My Private Life

e0097338_11364516.gif


by dms74caprice75 | 2007-11-19 22:52 | Situation