2010年 01月 24日
Tail Lamp Lens LH No.5966505













==============================================

NOS | en - ō - es | [エヌオーエス]

{略語}
New-Old-Stockの略。

{似}
デットストック。

{正式}
Numbersの略として使用される。 →No,

{旧い車を所有し、それを愛する人が使う略語} *ギャングは使用不可
1、生産された当時のままの状態(ここでは車の部品)で、一度も車に装着された事がないままの状態の事。

2、保管状態により、個体差も激しい。

3、業者及び個人間の取引でも一般的に使われる略語。

4、近年、当時生産していた本国(ここではアメリカ)でのこの分野の部品の枯渇化及び、値段の高騰が進み、この略語が一人歩きし始める危険も孕む。

5、一度この手の部品を入手すると、NOS依存症になる危険が高い。

6、日本のLowrider業界では、'58~'64Impalaのアクセサリーに焦点が当てられる傾向が強いが、'65以降の年式及び、消耗部品その他に対しての価値もいずれ浸透する模様。

7、数十年もの期間を、使われる事なく今の時代まで生き遺ってきたNOSを、安易に装着するべきか否かは意見の別れるところ。

8、広島県のレフティーズ山岡氏が、国内Lowriderに与えた影響は計り知れない。

9、東京都足立区に、巨費を投じて'59ImpalaのNOSをかき集めている変なジジイがいる。

10、当時の箱入りNOSの”箱”は、何故か輸入したての時はどれも同じ匂いがする。
そして・・・・・臭い!
この匂いは日本で数年の時間が経つと薄れて行く。



dms74 dictionary
==============================================














e0097338_1357525.jpg















e0097338_1357164.jpg















e0097338_1357261.jpg















状態は完璧です。
これらレンズ類は一通りNOSを揃えたいのですが、なかなか入手が難しい部品の一つでもあります。














常にリアのランプの光量が少ないと感じていて、過去に現在装着しているレンズの表面を、片側6〜7時間程かけて丁寧に研磨した事がありましたが、表面の平滑度が上がり見た目が奇麗になった程度で、ランプを点灯してももちろん期待した効果はありませんでした(当然ですが)。














そもそも、新品時の状態が知りたくて入手した部品ですが、パッと見は、過酷な環境下に置かれ長年紫外線と電球の熱を大量に浴びてきたUSED品(もちろん個体差はありますが)との部品単体の差は、フロントのPARKING LAMPのそれと比較すると、微々たるもののように感じます。
このテールのUSED品の劣化の具合が判別しずらいのは、色が入っているのも一つの原因でしょう。透明なプラ部品はその劣化が明らかに分かりますからね。 
とにかく、プラ類は全て新品が何よりです。














e0097338_14482631.jpg















e0097338_14484062.jpg















e0097338_14485751.jpg















内部はこのように別体の散光板があり、中央バックランプはハニカムで、左右ストップ&ウインカーは円を描いています。
テールランプの電球自体は、配線その他に不具合が無ければ直視出来ない程強い光を放っていますが、これらを通過してレンズ裏のレンズカットに導かれ、光が複雑に拡散していきます。 ユニットは現代では当たり前のリフレクターはありませんので、この2重のレンズによりその光量はかなり絞られて目に見えるようになっています。 
これらを冷静に考えると、光量自体を上げようと試行錯誤する事はナンセンスだという結論に至り、その後は特に何もせずにいます。














最近のクルマやLEDと比べてしまうとやはり光量な少ないですが、2重のレンズカットによって導き出されたボワ〜んとした光を眺めれば、それはそれで奇麗だと感じます。
LEDなぞは、論外でしょう。














唯一残念なのは、この散光板の分解が非常にリスキーで困難という事。 分解し内部まで磨きたい気持ちを押し殺し表面のみの研磨で諦めた事を覚えています。














e0097338_15223939.jpg















e0097338_1523226.jpg















e0097338_15231662.jpg















やはり、プラのNOSは萌えます。 














テールランプついでに、ユニット本体にも少し触れます。














テールユニットの一番の鬼門といえば、ハウジングです。
これは材質が最悪です。 
ここは排気の熱も影響するのか、純正マフラーの出口付近、右側の劣化が著しい個体が多いように感じます。
材料は何でしょうか .. 繊維質のようなものも見受けられますし、全体の印象は石膏ボードに非常によく似ていますし、建物の内装等で使われる軽カルボードのような質感です。プラスティックベースに炭酸カルシウムを含ませたような感じもするので、この部分は軽量化と生産性の向上と同時にそれなりに材質を吟味しているはずなのですが。
明らかに水には弱いようにも感じます。ガスケット不良で中に水が溜まっているもの等は完全にアウトです。














e0097338_1525811.jpg















e0097338_15252374.jpg















このように酷いものは触った側からボロボロ崩れて行く始末です。














一時、ケツから突っ込まれる友人の多さにビビって、予備用にと思いテールユニットをキチガイのように買い漁った時期がありましたが、やはり状態の良いものは少ないです。














塗装等で防水対策を施すしか手だてはないんですかね。
リプロ品の登場を望みます。




Keep rollin' . . . .


English Here


e0097338_11364516.gif
にほんブログ村 車ブログへ

[PR]

by dms74caprice75 | 2010-01-24 15:48 | NOS


<< CITY OF ANGELS      Paint >>