2006年 10月 04日
セカンドカーです

 こちらはセカンドカーのプジョー206XTプレミアムです。

 今まで乗っていたマツダセンティアが10万キロ超えたあたり
からおかしくなり、遂にはラジエターが割れ、インジェクターも
おかしくなり埋葬してしまいました。

 3ナンバーは色々と経費も掛かるので、小さいのを
探していたところ、こいつが目に留りました。

 以前からデザインはとても好きだったんだけど、小さすぎる
印象しかありませんでしたが・・・・

座席に座った瞬間・・・・

これに決めた!!!

試乗もせずに即決でした。

2年落ち、1万5千キロで¥120万でした。

こちらも奇麗に少しだけいじって乗るつもりです。

 
e0097338_2203588.jpg

セカンドカーにしては、贅沢かな〜? ・・とも思ったんだけど、
軽はあまりにも室内が狭いので、ムリでした。

全体の6〜7割は、こっちに乗るからね。
307と比べると随分と小さく感じてたんだけど、
室内は思いの他広いですね〜。
後席はしんどいけど・・・。

その他、toyotaヴィッツも候補に挙げたんだけど、
最終的にはやっぱりデザインです。

色々な仕様があり、2ドアもあるんだけど、
MTはパス(プジョーファンからは馬鹿にされそうだけど・・・)。
 乗り味の印象は、猫足と形容されている割には硬いかなぁ
って感じかな。
確かに速いペースでのコーナーはいい感じですね。

 難はやっぱりATでしょうか。
一番都市部で使う30〜70km/hで変速が頻繁に行われ、
そのショックが大きく、エンジンブレーキもとてもAT車とは
思えない程、効いてくれます。

 国産車からの乗り換え組は、やっぱりビックリするところです。
まぁ近所のディーラーのスタッフがとてもフレンドリーで、
好印象なので良しとしましょう。
[PR]

# by dms74caprice75 | 2006-10-04 23:43 | Lion
2006年 10月 04日
はじめまして



念願叶って、やっとの思いで手に入れた'75シボレー。



一見奇麗に見えるこの愛車もひとたび走りだせば、故障の雨霰・・・・。
ちょっと放っておくと、バンパーは錆付き、トランクには池・・・・?



気が付けばこの車との付き合いも早5年・・・・



めげずに手を入れてきたかいあってか、今ではすっかり元気に走り廻っています。



この車と付き合っていた5年間、結婚を誓った女性と別れ、長年勤めた会社も退職する等、色々な事がありました。



その間も'75は懲りずに壊れまくってました。



 '75と共に過ごした思い出は数知れず・・・・。
そんなポンコツをショーカーに変貌させるべく、この度立ち上がりました。



このblogではその変貌ぶりや、今までのトラブルの一部その他、ローライダーの周辺の出来事を中心に更新していきたいと思います。



なにぶん私は、メカに関してはドシロートですのでプロの方は笑いながら流してください。



これからこの手の車に手を出そうと考えている方には、少しでも参考になればと思います。



10年程前から、ローライダーの世界に関心を寄せてきましたが、最近は街で見掛ける機会もめっきり減ったような気がします。



本当に好きな人だけが残っているってコトですかね。
良くも悪くもってところです。



確かに、低年式のアメ車をベースに選んでしまうと、維持は国産車に比べて格段に手間が掛かるのは事実です。
ワイヤーホイールだけでも大変かも・・・・。



現在、本国でも状態の良いインパラ等はなかなか見つからないみたいですね。



国内にある車両も最近まで奇麗だったのに、オーナーが代わった途端にボロボロになっていくものを見掛けます。



今後、路上駐車の規制強化や飲酒運転者に対する厳罰強化等、運転者のマナー向上が今まで以上に問われています。
イベントやクルージングでのマナー向上はもとより、まず基本に還って自分の車を愛し、いつもピカピカに磨き上げ、奇麗に乗っていれば、この世界に興味を持ってくれる人ももっと増えると思っています。









私はこのblog開設にあたり、改めて'75と末永く付き合っていきたいと考えています。










ワイヤーとリボンだけは、汚れていないようにしましょう。











自分も今まで、そこだけでしたから・・・・・  奇麗なの。


      
 



e0097338_13511341.jpg

[PR]

# by dms74caprice75 | 2006-10-04 23:27 | Self-Information