カテゴリ:Sales Literature( 3 )

2007年 11月 10日
1976 Chevrolet Passenger Car Buyer's Guide






こんにちは、ブリンブリンでウェッサ〜イなギャングです♪











本日お台場にてクルージングが予定されているようです。





一応行く予定でいましたが、関東地方は厚い雲に覆われていて昨日からの雨が止みそうにないので、今回は行けそうにありません。





久しぶりに夜間の街をクルージングするローライダーを眺められると期待していたのですが、個人的には天候が悪いとそれに比例して気分も悪くなってくるので、断念せざるをえません。





ファイナルで今日の分も発散しようと考えている土曜日の午後。





75-76フェチの変態の方お待たせ致しました。
隔月の変態コーナー、「Sales Literature」をお届け致します。





















e0097338_14581540.jpg


1976 Chevrolet Passenger Car buyer's Guide









1976のシボレー全車種のイラストとその仕様、その他オプションの紹介や走行時の車間の取り方の説明に至まで、事細かく描かれた当時のハンドブックです。




よく"75-76"と一括りに言われていますが、それはなぜでしょう。




大人気の58〜64のImpalaは、毎年その姿を大きく変えながら世に生まれてきましたが、70年代に入りプラットフォームは変えずに細部を変更しながら毎年モデルチェンジしてきたのはご承知の通りです。




71-74は細部の変更とはいっても、変わらないのはボディのみで(ちょっと違うけど..)バンパーの形状や顔周り、テールの形状等は大きく変化しているので、その差は結構歴然だったりします。




しかしながら、75と76の差といえば顔が若干違うくらい(厳密には本当に細かい部分で多数の変更点があります)で、バンパーの形状も同じなので意外と簡単にフェイスアップ等のカスタムをする事が出来ますし、それが何の違和感もないようになっているのが特徴になっています。





そんな訳でこの2年の間に生産された車は一括りにされるのではないでしょうか。
そしてこの年式に魅せられた人は、必ず一回は「辞めときゃよかった・・・」と感じた事があると思います。





意外にもこの一見同じような見た目を持つ75-76には、奥深い差が沢山ありその違いや本来付いているはずの部品の存在を知ってしまったが最期・・・・・・





泥沼に陥る事、確実な年式なのです。





裏を返せば、それだけ楽しめる年式だという事は、ちょっとのお金とたくさんの時間を投資する覚悟があるのであれば、それは私が保証します。





ある自動車ジャーナリストのこんな言葉が私は大好きです。






『 世の中に楽しくない車なんてない、要はそれを発見出来るか否かである 』






本題から逸れてきたような感じがしてきましたが、自分が選んだ車にそれぞれがもっと自信を持って愛情を注いでいけばいいだけの事であり、そうする事でどんな車であろうとも同じように楽しいローライダーライフを送れると思っています。





周囲の”ローライダー=58-64インパラ”なんていう意味不明な空気に飲み込まれ、本来自分が乗りたい車を探そうという事すら放棄するようでは、本末転倒です。





そろそろ、原色の青や赤のダボダボの服を脱ぎ捨て、世間から見たらただの迷惑集団のインチキギャング団から離れ、自分だけの一台を見つけ、それに精一杯の愛情を注いであげれば、自ずとより良い仲間にも恵まれるし、何よりそれこそがローライダーの醍醐味なんですから。






ギャング撲滅委員会、オッサンの小言でした・・・・。






さて本題にいきましょう。












e0097338_1557418.jpg










e0097338_15572145.jpg










e0097338_15573523.jpg






このように透明のイラストの下に、トップとボディのカラーを挟んで行き、そのイメージを簡単に再現出来るようになっています。




オバカですが、色々やって楽しんでました・・・・・。










e0097338_162815.jpg






カーペットの素材もそのまま貼付けられています。










e0097338_1624863.jpg

e0097338_1633550.jpg

e0097338_1635794.jpg



そして最上級グレードの”CAPRICE”です♪










e0097338_1642115.jpg





こちらは”IMPALA”です。










e0097338_165876.jpg






"WAGON"も










全部紹介したい勢いですが、この辺でご勘弁願います。


これじゃ、75との違いはよくわからん!??










そうですよね。

再来月、1975を紹介致します。



Keep rollin' . . . .


English Here


Please Visit 
My Private Life

e0097338_11364516.gif

[PR]

by dms74caprice75 | 2007-11-10 16:13 | Sales Literature
2007年 09月 14日
1975 Chevrolet Passenger Car Accessories Catalog





先月、NOSの月だったので、今月はSales〜のコーナーです♪



車を購入するに当たり、無くてもなんの差し障りのないアクセサリーの類い・・・・。



今も昔も相変わらずです。



ローライダーにとって、アクセサリーとはどんな存在なのでしょうか。



人が持っていない・・・・・レア・・・・・・珍しい・・・・・・・



優越感に浸れる。







そんなもんでしょうか?



今まで幾つかのアクセサリーをebayで購入してきましたが、自分の車に必要と思われる物だけをターゲットに入札してきました。



でも、こんなの見ちゃうとねぇ〜・・・・



という事で、当時のアクセサリーのカタログを全ページ紹介致します。








e0097338_23332190.jpg


当時の雰囲気満点のイラストが表紙になっています。








さて捲ってみましょう♪


e0097338_23351271.jpg


ちょっと危なそうなチャイルドシート(笑)にテープカートリッジ。

そして、アラーム。
















e0097338_2337317.jpg


グレードの異なるラジオに、これまた意味不明のアンテナ・・・・。









e0097338_23395450.jpg


今でも不思議なのは、このブロックヒーター。

寒冷地でのスタート補助なんですかね? 何ですかこれ??  どなたかご存知の方いらしたら教えて下さい。

'50sのインパラにもあるこのオプションはちょっと謎です。









e0097338_23433811.jpg


フロアーマットにハンドライト。

それに何故ゆえグローブボックス内なのか!!? トランクフードオープナーのスイッチ。










e0097338_030113.jpg


・・・・・・・









e0097338_23471856.jpg


ホイールキャップやドアエッジガード等、おかずがいっぱい♪










e0097338_23485644.jpg
e0097338_2349302.jpg







いかがでしたでしょうか。


オプション満載ならそれが誰もが羨むローライダーになるかと言えば、それは間違いなくNO!ですよね。 


自分が心底気に入ったパーツを自身の愛車に・・・・。


それでいいんじゃないでしょうか。


珍しいこれらアクセサリーに目移りしてしまうと、本質から脱線しかねないですからね。


どちらにせよ、これら30年以上前の部品が現在も本国ではNOSで入手可能です。  入手するのは時間と多少のお金があればそんなに困難な事ではありませんが、それをどう扱うかでその人の真価が問われるような気がします。


このカタログを捲りながら、そのような事を感じています。



Keep rollin' . . . .


English Here


Please Visit 
My Private Life

e0097338_11364516.gif

[PR]

by dms74caprice75 | 2007-09-14 00:26 | Sales Literature
2007年 07月 03日
1975 Chevrolet Fleet Buyer's Guide







現在、東京都足立区と埼玉県南部を、ギャング一掃キャンペーン重点地区に指定しました。
ギャングの根絶の為に、皆様のご協力をお願いします♪




どうでもいいのですが、最近とても不吉な出来事が連続して私を襲いました。

先日茨城県のデニーズにてタバコを自販機で購入しようとしたところ、お金を入れてボタンを押しても、取り出し口からタバコが出てくる気配がありませんでした。

そして今日は自宅のすぐ近くのいつも利用している自販機で同じようにタバコが出てきませんでした。
デニーズの場合は店員のお姉さんを呼んで(何故かニコニコです)出してくれたのですが、地元の自販機は結局払い損をしてしまいました。

羽賀ケンジ氏が億単位の金でトラブっていますが、私はたった290円でしばらく諦められない程損した気分になりました。






そして今日は渋谷の交差点近くでこんな事件もありましたね。


旧車乗りには他人事とは思えないのではないのでしょうか。
オーナーは女の子で普段から車の調子が悪かったと言っていたそうですが、だったら整備してから乗れよ!と言いたくなるんですが、自分も含めてLowriderの皆さんも注意しましょう。

これがワイヤー履いたインパラだったら、それこそ全国にLowriderの恥をまき散らす事になりますからね。 






さて、今日は毎月のお楽しみの?NOSの記事を更新しようと考えていたのですが、新しくカテゴリに"Sales Literature"を追加して、これと交互に更新していこうと思います。



第一回目の今日は、"1975 Chevrolet Fleet Buyers Guide"です。




e0097338_23312154.jpg
e0097338_23313025.jpg
e0097338_23314110.jpg




1975のChevroletの全ラインアップ
(Caprice,Impala,Bel Air,MonteCarlo,Chevelle,Wagons,Camaro,
Nova,Vega,C10,Brazer,Suburban,Shevy Van,Sportvan,El camino,Vega Panel Express,Luv Pickup,Chassis)のオプションの設定やホイール、カラーコード等々・・・・とても興味をかき立てられる内容です。
一つの車種に対しての情報量はさほど多くはないのですが、これのおかげで今までの謎が解明出来た部分もありました。





e0097338_23452890.jpg
e0097338_2345397.jpg
e0097338_23455178.jpg
e0097338_2346021.jpg
e0097338_2346917.jpg






面白いのはこのように、そのモデルごとにカタログがバインディングされているところです。






e0097338_2348560.jpg
e0097338_23481728.jpg
e0097338_23482573.jpg
e0097338_23483419.jpg





この手のモノのは粗悪な状態のモノが結構多いのですが(致し方ないとは思いますが...)、私は極上しか狙いません。
車の部品自体はジャンクでも手に入れますけど、この分野のモノは絶対に妥協はしません。

国内での発見は難しいので、これらも個人輸入で入手しています。
中には金額が高いモノもありますが、これらには一切金は惜しみません。

これらを入手する事によりより一層自分の車に対しての愛着も増しますし、何よりもこれらのページを捲る度に、自分が所有している車に対する責任というのをヒシヒシと感じます。
全く環境の異なる日本にやってきて車にとっては不本意な事かもしれませんが、だからこそ神経質なくらいに大切にしようと考えていかなければならないと思います。



自分は車をLowriderという分野でカスタムしたいというよりは、とにかく奇麗にしていきたいとの思いの方が強いのかもしれません。
そもそもLowriderの原点はそこにあると思うんですが・・・・。















バッテリー満載でガチャガチャやってるそこのあなた・・・















そろそろ、ホッピング・・・・・辞めません?


















今後も1975年、もしくはその周辺の年式のChevroletに関するモノを、これからも少しずつ集めていこうと思っています。

来月は驚愕のNOSの登場です!
お楽しみに♪



Keep rollin' . . . .


English Here


Visit 
YAHOO BLOG
YAHOO AUCTION
MIXI

MATTPLAYER70
38BLOG
Y.T.STYLE
TEE OG ARTWORKS

LOWRIDER MAGAZINE
MR. CARTOON
OG ABEL
FONZY

EBAY MOTORS
POMONA SWAP MEET


Contact me   
v8l98@yahoo.co.jp
e0097338_11364516.gif

[PR]

by dms74caprice75 | 2007-07-03 00:13 | Sales Literature