カテゴリ:Concept( 2 )

2006年 11月 10日
なんでL98?


現在オリジナルのSB400が載ってるんですが、性能的には特に不満がある訳ではありません。

 






しかし.....









燃費が悪い!





そうなんですよ。





やはりというか.....







凄まじいです。

おおよそ2~3km/lしか走ってくれません。

 
ハイドロレスのOG路線も全く視野に無かった訳ではありませんが、こんな燃費ではこのご時世ちょっとマズイです。
オリジナルのホイールとタイヤサイズであれば、幾分良いんでしょうけど。


よく信号待ちなんかで色々な方から話しかけられたりするんですが・・・・・・・







『かっこいいですねぇ〜』






『奇麗ですねぇ〜』










なんてコメントを差し置いて...




『燃費悪いでしょう!?』




....苦笑いするしかありません。


そのとうりです。

皆さんのイメージどうりです。


だって400cuiって、6,570ccですよ。
良い訳ありません。

でもハイドロ入れた重量が2,500kgの車体が、ホントにスルスルと走るのはとても気持ちのイイもんです。

まあ今回のカスタムのコンセプトはガワはそのままに機関系を中心にアップデイトする事なので、やはりエンジンの換装は最重要課題になりました。
思い描いた理想は、オリジナルよりも太いトルクを持ち且つ、燃費がこれよりもイイエンジン。

そこで当時のカプリスのカタログ値を調べてみると・・・・・・・・







177hp/411Nmで最高速度は175km/h。
十分過ぎるスペックです。

これに近いもので現在新品若しくは、リビルトで入手出来るエンジンをちょっと調べたところ...
 





GMのクレートモーターで、350,350HO,ZZ4,RamJet,
Fast Burn385,ZZ383,Circle Track350等々...
リビルトでL98,LT1,LO5。

結構選びがいがあります。

まずアップデイトといってもどうしてもインジェクションには抵抗があるので、キャブ使用になります。





350=== 290Hp/326Nm
350HO=== 330Hp/380Nm
ZZ4=== 355Hp/405Nm
RamJet=== 350Hp/400Nm
FB385=== 385Hp/385Nm
ZZ383=== 425Hp/449Nm
CT350 === 350Hp/390Nm

L98=== 230Hp/447Nm
LT1=== 250Hp/440Nm(Cadi)



割と高速も利用しますが、100km/h以上出す機会なんてまずないし、そんな気もさらさら無いので、馬力よりもトルクを考え、お財布とも相談。

あくまでも机上での考えなので、この数字が全てではないのは重々承知の上ですが、同じ車で沢山のエンジンを試した事が無い以上、選ぶ基準には十分だと思います。
 

トルク値を中心に考え、オリジナルのモーターとニュアンスが近く燃費も期待出来そうな.....


L98を選びました。


これにお決まりの700R4で高速域でも、エンジン回転が3速の今よりは低くて済むであろうと思います。
 
現在のエンジンフィーリングを大幅に変える事無く、燃費が良くなってくれれば良いのですがどうなんでしょう?


乗せ換えあれこれコメント下さい。

 
[PR]

by dms74caprice75 | 2006-11-10 00:02 | Concept
2006年 11月 08日
Basic Concept

文面のみのLowriderの更新はしないつもりでしたが、気が変わりましたので更新します。




iMacの起動は週明けになりそうです。
それまでまだ時間があるので、今後の作業内容をさらりと...。








 『何よりもまず美しく奇麗なLowriderを目指す。
当時のOGにとらわれず、積極的にアップデイトを施し、日々のクルージングを安心して行なえる車を完成させ、ジャンクの多い同型車種のオーナーに刺激を与えるくらいの完成度を目指す。(←生意気でスイマセン...)




ホッピングには全く関心がないので、ハイドロシステムは現在の2Pのまま。




70's、メキシカン、ブラック等のスタイルに惑わされる事無くオリジナリティーを可能な範囲内で追求し、金属的な機械の美しさを表現する。
ボディーカラーにはガンメタを使用し、ゴールドは一切使用せずベースの持つ存在感を最大限引き出す。




大きくベースのイメージを覆してしまうような変更又は、カスタムは施さない。




美しい事が大前提であり、エンジンその他機関系は大幅な変更はせずにクロームやペイントでドレスアップを図る。




Car Showへの参戦が目的ではなく普段のアシ
としての機能を最大限引き出す為に、ACの完璧な修理その他、キーレスエントリー、イモビ、トランクフードイージークローザー等の快適系、防犯系装備を程よく取り入れる。』
 


とまあこんなくだらない提案書を約10ページにわたり作成し、最終的にショップとパーツの選択等をしました。



こちらの最終的な提案どうりに作業すると、とんでもない金額が掛かってしまう事が判明した為、今回オールペンとACは諦めました。
まずはエンジン、足回りを徹底的にやっていきます。








具体的には...










L98-700R4
 







ビールと枝豆のような組み合わせ♡


まるで目新しさはありません。
しかもプロペラシャフトの加工も必要です。 ちょっと不安です。










...がしかし...









最強の組み合わせでもあります。









そして....








クローム

 






全然具体的ではありませんが、おおかた想像はできると思います。
自分の目指すはショーでのポイントではなく、ただ自分が「奇麗だな」と思えるローライダーです。
その他細かい点は作業と当時進行で更新します。







ハッキリ言って特別なところはなにも無いと思います。





お決まりのスタイルかもしれません。
でもしっかり隠し球を用意してますのでお楽しみに!!


あくまでもshow Carが最終目的ではなく、そのクオリティーを保ちつつストリートでのクルージングを楽しみ続けるのが目的であります。
ある意味、showに参戦する事は自分の中ではスタートラインだと思っています。




いつか自分のローライダーを手に入れ、showにも出れるような車に乗れるように
なりたいという夢がようやく手の届くところまで来ました。
 



いつかは...いつかはと思い続け、いつの間にか10年の月日が経ってしまいましたが、
車庫を整備したり、他の事に精を出したり....これが自分のペースだったんでしょう。
特に遅すぎたとも思いません。









ふとこんな30代でいいのかなぁ..?なんて
思ったりもしますが......








10年後も変わらず、奇麗に乗り続けていたいと思います。







 
L98
[PR]

by dms74caprice75 | 2006-11-08 22:40 | Concept