2010年 06月 29日
WHEELS











e0097338_2135515.jpg











こうやって写真を撮るのも楽しいんですが、走行シーンの画像を改めて確認すると、自分の”乗りたい感情”が大きく揺さぶられます。 














e0097338_2172823.jpg
















e0097338_2175559.jpg











おっと ..ついついWAGONにファインダーを向けてしまう自分がいます(汗)













あっ  !
e0097338_2215673.jpg




この背中は、まさしく”影”








このお方とは、ここ数ヶ月でようやくお話する機会に恵まれてきました。 普段はローライダーとは少し赴きが異なる方面で大活躍されておりますが、密かにこの方が撮るローライダーの写真を見てみたいと思っております。








そして、自分の'75年が完成した暁には、まずはこのお方に撮ってもらおう ..なんて図々しくも考えております。 
自分のクルマを自分でロケに行って撮影して、帰ってきてPCに入れて ... ただのオナニーに過ぎませんね、そんなの。 








自分とは少し違う撮り方をする方に、自分のクルマを撮ってもらう方が、ローションにまみれるよりも遥かに興奮を覚えるするような気がします。  う〜ん楽しみだ。 影さま、その時はよろしくお願いします。 お礼は一緒にローションまみれの四つん這いでいかがでしょう♪














e0097338_2435879.jpg
















ところで、現在は社外のアルミを履いている、我が大中古ポンコツワゴンさまですが、そろそろ新品のタイヤが到着しそうなので、これまた大中古のスチールを急いで塗装です。








e0097338_2444225.jpg










これまたナイスな感じで発錆しとります。 ちょうどイイ感じです。 この下処理と塗装の程度が、無理のないDIY感バッチリです。









e0097338_2465629.jpg











今回用意したのは、この2点。 ソフト99コーポレーションのホイール専用塗料とシリコンオフ。
本来、性格的に全て元の塗装皮膜と錆をはぎ取り、ウレタンでサフェーサー、色といきたいところですが、ウレタンの缶スプレーは1本¥2,000以上という高額商品なのでソッコーで断念。よくそのヘンに転がってる、いわゆるラッカーの缶スプレーにご登場願いました。このホイールコートという商品は、通常の塗料とは少し異なり、いわゆる下地のサフェーサーが必要ありません。 缶のラベルの説明書きに下地の塗装は不要らしき記述があったのですが、はっきりしないので直接メーカーに問い合わせたところ、このベースコートの中に密着力を高めた成分が既に配合されているので、逆にサフェーサーは吹かないでくれとの回答がありました。








缶スプレーでこんなにも手軽が商品があるので、これは一度試してみようと思い使用に至りました。 そしてもう一点重要なポイント。 仕上げをつや消しの黒にしたかったからです。
通常の塗装では、このつや消しの調整が非常に困難な為、もはや素人の手出しする分野ではありません。 色の配合とこの複雑な形状の対象物にガンでの均一な塗装は、あまりにハードルが高すぎるので一発カンタン仕上げの缶スプレーにお世話になります。









意外にも、この缶スプレーのつや消しがかなりの精度であることを事前にチェックしていましたので、あとは均一に塗装することさえ出来れば、仕上がりは完璧なつや消しになることは分かっておりました。









とりあえず、目に見える錆だけは奇麗にサンディング。 形状が複雑なので、ひたらスポンジタイプのものでコスコス ..コスコス ..。










e0097338_315434.jpg









こんなもんでイイです。 塗装を剥くには、もはやブラストしか手段がありません。 
いずれオリジナルのワイヤーハブキャップを履かせるので、そこまでムキにはならないよう気分を落ち着かせます。








ここからしつこい程に脱脂。 何回も脱脂。 これでもかと脱脂。 最後にもう一回脱脂。










そして、シュ〜 シュ〜♪















e0097338_319277.jpg














e0097338_3191395.jpg










硬化剤と反応して硬化するウレタンと違い、溶剤が揮発することで色が残るので、全部で5コートの吹き付け。
経験上、缶スプレーの塗装はラベルの説明書通りに塗ったらハッキリいってダメです。 最初の捨て吹き以外は、かなりの至近距離からビシャ〜とヌレヌレになるように吹かないと、いつまで経っても色が乗りません。 もちろんタレるリスクはありますが、そこはウデでカバーするしかありません。
これを今回は5回。 ラッカーゆえ揮発分が多いので、最終的な塗膜は結構薄くなります。本来であればもう2〜3回くらい重ねたかったのですが、一本¥1,000の缶の半分くらいを使ってしまったので、購入した2本で4本を仕上げるには、ここまでが限界。









錆を完全に奥まで除去しきれていないので、いずれ浮いてくると思いますが、仕上がりは予想通りバッチリ。  完全なつや消しには、意外と缶スプレーがおすすめです。









ハゲちょろのワイパーアームも、この缶スプレーでシュ〜で終わらせる予定です。




Keep rollin' . . . .


English Here


e0097338_11364516.gif
にほんブログ村 車ブログへ

[PR]

by dms74caprice75 | 2010-06-29 03:36 | 1995


<< TIRE      WAGON ♪ >>